定年退職後も安定した収入が期待できる

安定した老後を送るためには収入の多様化が大事

企業や団体に勤務して給料を受け取る生活は、いつかは定年が来て終わりになります。そこから先は年金生活になりますが、年金は企業などによって制度が異なりますし、自分の働き方がどうだったかによっても受取額は変わってきます。安定した老後を送るために、なにか別の収入の柱があれば安心できます。安定した収入を上げるという意味では、不動産賃貸経営が定年後の収入確保に最適です。

他にも例えば定年のない自営業を始めたり、株式投資などの資産運用で稼ぐという方法もあります。しかし長年サラリーマン生活をしていた人が新しい仕事に取り掛かるのは容易ではなく、資産運用などもどうしても景気や市況に左右されます。もちろん雇用延長などで細く長く働く方法もありますが、いろいろな収入源を確保しておけば健康上の問題が起きた時などでも、収入を絶たれなくて済みます。そういう意味で、毎月安定したお金が得られる賃貸経営は魅力的な選択肢です。

賃貸経営はパートタイムでできる自営業

銀行の定期預金にお金を預けても大した金利がつかないのが現状です。しかし賃貸不動産を取得して貸し出すことができれば、収入を安定的に得ることができます。もし自分が病気になって働けなくなっても、不動産が稼いでくれるので安心です。金融機関から借入をして土地を買いアパートを建てる、といった規模でなくても構いません。例えば立地の良い中古マンションを購入して、地元の不動産屋さんの助言に従って入居者を募集すれば、大きな事業にしなくても年金を補う賃貸収入が得られます。

もちろんオーナーとして他人任せにせず、自分で決めていかなければならない事項もあります。収入は確定申告をして税金を納めなければなりません。小規模でも事業主ですから、責任をもって経営する必要があります。しかし時間の束縛はあまりありませんし、最低限の対応を行えば確実な収入が上げられる、安定的なビジネスです。

Follow Me