まとまった準備資金を用意しておく

高級マンションを扱う場合は将来のリフォーム費用を計算しよう

賃貸経営を始めるにあたっては、多額の出費が発生するケースに備えて、まとまった準備資金を用意しておくことが重要となります。特に、都市部で高級マンションの物件を扱う場合は、建物自体の老朽化や室内の汚れや設備の破損などに対応するため、余裕を持ってリフォーム費用を計算しておくことが大切です。たとえば、リフォームが必要となる箇所が多くなったり、建物内の設備の増強や新設を行ったりする場合は、一度に数百万円から一千万円ほどの費用が掛かることもあります。そのため、賃貸マンションのリフォームの費用相場について詳しく知るうえで、各地で長年にわたり賃貸物件を所有している人の体験談を参考にしたり、仲介会社に相談を持ち掛けたりすると良いでしょう。

有能な社員がいる会社に管理を任せる際は多額の手数料が掛かる

賃貸経営を外部の不動産会社に任せるにあたっては、早い時期から数社の実績や在籍する社員の経歴などに目を通して、安定的に収益を伸ばせそうなところを見つけることが肝心です。一般的に、不動産業界のキャリアが長く、多数の賃貸物件の管理に携わった社員が揃っている不動産会社と契約をする場合は、仲介手数料の支払い額が大きくなる傾向が見られます。そこで、スムーズに入居者の数を増やしたり、効果的に空室対策を行ったりするうえで、時間を掛けて契約前にいくつかの不動産会社の手数料を比較してみましょう。その他、不動産会社によって手数料の支払いをするタイミングが異なるため、経済的な面を考慮しながら長く付き合えるところを探しましょう。

Follow Me