自分の住まいに困らない

入居を断られやすい独り身の高齢者になっても安心

賃貸物件を所有すると、どのような利点があるのでしょうか。まず、賃貸経営に乗り出そうとする人は、安定した不労収入を得られるという点にもっとも注目するかもしれません。実際、賃貸物件を経営してみませんかという勧誘の電話は、ほぼ100パーセントそこを魅力にするからです。しかし、地味ながらも大きなメリットがもうひとつあります。それは、賃貸物件の大家になることで年を取っても自分の住まいに困らないというものです。 近年、高齢者がとても増えていますが、彼らが苦労していることに住居の確保が挙げられます。たとえば、定年後に住んでいたアパートが老朽化で建て壊しになったなどの理由で退去せざるを得なくなった場合、年金収入があったとしても住む場所を見つけられないことがよくあります。身寄りのないお年寄りには、孤独死などのリスクがあるからです。しかし、自分で賃貸物件を経営していれば、そんな心配は不要です。

資産として妻や子供に残せる

賃貸物件を資産として残せるというのもメリットになるでしょう。あまり知られていませんが、ローンでアパートやマンションなどの不動産を購入した人が亡くなった場合、そのローンを妻や子供が引き継ぐ必要はありません。購入時に団体信用生命保険に加入することで、そこから支払われるからです。そのため、債務がない形で妻や子供に賃貸物件を残すことができるのです。そのまま所有すれば安定した家賃収入を得られますし、売却すればまとまったお金を手にすることができます。どちらにしろ、残された妻や子供の生活の足しになるでしょう。

また、不動産は仮にインフレになったとしても現金のように価値は下がらず、インプレに合わせて価値が上がることが期待できます。賃貸経営を行うことで安定した資産を得ることができるわけです。

新札幌の賃貸は、駅の近くに単身者向けからファミリー向けまで幅広くあり、特に2LDK,3LDKといった少人数向けの物件が多くあります。

Follow Me